コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェールンイェルム シェールンイェルムStiernhielm, Georg Olofson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェールンイェルム
Stiernhielm, Georg Olofson

[生]1598.8.7. ビカ
[没]1672.4.22. ストックホルム
スウェーデンの詩人,学者。寓意詩『ヘラクレスHercules (1647頃執筆,58刊) ,詩集『スウェーデンの詩神』 Musae Suethizantes (68) などで,スウェーデン詩の父と称される。鉱山業者の子に生れ,ウプサラ大学に学び,美術,科学,言語学,歴史,数学などにも関心が深かった。ドイツフランスオランダイタリアなどに遊学し,1626年帰国,教師を経てバルト沿岸のスウェーデン領ドルパットの役人となり 31年貴族に叙せられた。 56年侵入したロシア軍を避けてストックホルムに移り,61年軍事評議官,67年古代文化学院院長に任じられた。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シェールンイェルムの関連キーワード太閤検地オランダ戦争龍野城吉田光由吉田光由吉田光由塵劫記吉田光由越後国関口流

今日のキーワード

不義理

[名・形動]1 義理を欠くこと。また、そのさま。「多忙でつい不義理になる」2 人から借りた金や物を返さないでいること。「茶屋への―と無心の請求」〈逍遥・当世書生気質〉...

続きを読む

コトバンク for iPhone