コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シェールンイェルム Stiernhielm, Georg Olofson

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シェールンイェルム
Stiernhielm, Georg Olofson

[生]1598.8.7. ビカ
[没]1672.4.22. ストックホルム
スウェーデンの詩人,学者。寓意詩『ヘラクレス』 Hercules (1647頃執筆,58刊) ,詩集『スウェーデンの詩神』 Musae Suethizantes (68) などで,スウェーデン詩の父と称される。鉱山業者の子に生れ,ウプサラ大学に学び,美術,科学,言語学,歴史,数学などにも関心が深かった。ドイツ,フランス,オランダ,イタリアなどに遊学し,1626年帰国,教師を経てバルト沿岸のスウェーデン領ドルパットの役人となり 31年貴族に叙せられた。 56年侵入したロシア軍を避けてストックホルムに移り,61年軍事評議官,67年古代文化学院院長に任じられた。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シェールンイェルムの関連キーワードスウェーデン文学スウェーデン

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android