コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

オランダ戦争 オランダせんそうDutch War

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

オランダ戦争
オランダせんそう
Dutch War

日本では,普通ネーデルラント戦争をさす。 1672~78年におけるフランスルイ 14世オランダ侵略戦争。フランスは経済先進国オランダに対抗して高関税政策を強行し,イギリスと結んでオランダ占領をはかった。 72年5月フランス軍はフランドルからドイツのケルン大司教領を迂回して東部国境からオランダ共和国に侵入,ユトレヒトを攻略してオランダの心臓部アムステルダムまで数十 kmの地点に迫った。危機に直面したオランダは堤防を切る浸水作戦をもって抵抗。同時にオランニェ家のウィレム3世 (のちのイングランド王ウィリアム3世 ) を総督に迎える政変が起り,立直った。海上でも名提督 M.デ・ロイテル指揮下のオランダ艦隊はイギリス=フランス連合艦隊を撃退した。また神聖ローマ皇帝レオポルト1世とスペイン王カルロス2世の支援を取付け,逆にフランスを孤立に追込み危機を脱した。 78年ナイメーヘンの講和により終結。フランスのオランダ合併の意図は失敗したが,ルイ 14世の威光は全ヨーロッパに広まった。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

百科事典マイペディアの解説

オランダ戦争【オランダせんそう】

1672年―1678年,フランスのルイ14世によるオランダへの侵略戦争。ネーデルラント戦争とも。フランドル戦争の報復のため,ルイ14世は英国,スウェーデンなどと同盟してオランダに侵入。
→関連項目英蘭戦争

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト百科事典マイペディアについて | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

オランダせんそう【オランダ戦争】

フランスのルイ14世が1672‐78年にオランダを侵略した戦争。ネーデルラント戦争ともいう。ライン川自然国境説を唱えていたルイは,先のフランドル戦争では目的達成に失敗したが,今度はイギリスとドイツ諸侯をだきこんで,1672年4月に約12万の大軍をもってオランダ東部に侵入した。ほぼ同時にドイツ軍も侵攻し,海上からは英仏連合艦隊が攻撃して,オランダは国家存亡の危機に立たされた。しかしウィト失脚の後をうけたウィレム3世が陸軍を再編制して反撃に移り,海上ではロイテル指揮のオランダ艦隊が再三にわたって英仏艦隊を破り,73年末にはオランダは危機を脱した。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

オランダ戦争
おらんだせんそう

フランス王ルイ14世の対オランダ侵略戦争(1672~78)。コルベールの対オランダ高関税政策と、ルイ14世の大陸制圧政策推進の結果起こった戦争。戦いは、フランスと密約したイギリスの第三次イギリス・オランダ戦争の形で開始され、ついでルイ14世が大軍を率いてオランダに侵入した。危機に直面したオランダ民衆は、洪水作戦を展開し、さらにウィット政権を打倒しオラニエ家のウィレム(後のイギリス王ウィリアム3世)を共和国総督に迎え、徹底抗戦を続けた。オランダの蘇生(そせい)を機に、スペイン、ドイツ皇帝や諸侯がオランダを支持し、1674年イギリスも単独講和した。孤立したルイ14世はオランダから撤兵し、戦いはハプスブルク勢力との長期戦に変わり、結局、78年8月ナイメーヘンの講和(対ドイツ講和は79年2月)をもって終わった。フランスは高関税を撤回し、コルベール政策は挫折(ざせつ)したが、フランシュ・コンテほかを獲得し、フランスの軍事、外交、文化上の威勢は全ヨーロッパに及んだ。[千葉治男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のオランダ戦争の言及

【コルベール】より

…彼の経済観念も諸施策も革新的なものではなく,すでにラフマ,リシュリューら先駆者をもつが,経済状況の悪化と財政上の要請から,彼の施策は対外的には“貨幣戦争”という著しく攻撃的な性格を帯び,国内でも強権的で煩瑣な国家統制・国家後見を伴い,コルベルティスムColbertismeと総称されて王室的重商主義の典型といわれる。コルベルティスムは間接税の増収など一時的な成果をあげたが,イギリス・オランダの商工業との格差を克服できず,特権事業は不振に陥り,総じて“危機への絶望的対応”にとどまり,高関税率はオランダ戦争を招いて財政を破綻させた。また,工業への食糧・原料の供給源としてのみ考慮された農業は低穀価政策の下で停滞的な状態におかれた。…

※「オランダ戦争」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

オランダ戦争の関連キーワードモンク(George Monck 1st Duke of Albemarle)ウェストミンスター条約オランダ・イギリス戦争サンドウィッチ(伯)クラレンドン(伯)ウィリアム[3世]ジェームズ[2世]リュクサンブール公トリントン(伯)シャトー=ルノーダートマス(男)デン・ヘルデルルイ[14世]デ・ウィットブレダの和約クラレンドンナイメーヘンファルツ戦争ドーバー条約チュレンヌ

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

オランダ戦争の関連情報