シギンカラマツ(読み)しぎんからまつ

  • Thalictrum actaeifolium Sieb. et Zucc.
  • しぎんからまつ / 紫銀唐松

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

キンポウゲ科(APG分類:キンポウゲ科)カラマツソウ属の多年草。茎は高さ30~80センチメートル。葉は2、3回3出複葉で、小葉には粗い鋸歯(きょし)があり、葉脈が浮き出る。7~8月、上部がやや平らな複散房花序をつける。花は紅色を帯びた白色で、シキンカラマツ(紫錦唐松)に対していう。山地に生え、関東地方南部以西の本州から九州にかけて分布する。

[門田裕一 2020年3月18日]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

今日のキーワード

ノーブレスオブリージュ

《「ノブレスオブリージュ」とも》身分の高い者はそれに応じて果たさねばならぬ社会的責任と義務があるという、欧米社会における基本的な道徳観。もとはフランスのことわざで「貴族たるもの、身分にふさわしい振る舞...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android