シクロペンタジエニル錯体(読み)しくろぺんたじえにるさくたい(英語表記)cyclopentadienyl complex

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シクロペンタジエニル錯体
しくろぺんたじえにるさくたい
cyclopentadienyl complex

シクロペンタジエニル(シクロペンタジエニドともいう)・アニオンC5H5-と金属イオンとの錯体。シクロペンタジエニル環を含む有機金属化合物には、環の一つの炭素と金属が直接σ(シグマ)結合しているものがある。たとえばケイ素、スズ、鉛化合物などである。これに対し遷移金属の錯体では、金属はシクロペンタジエニル環に広がるπ(パイ)電子と配位結合をつくるので、π-シクロペンタジエニル錯体とよばれる。

 π-シクロペンタジエニル錯体は大きく2種類に分かれ、一つはサンドイッチ型化合物でメタロセンとよばれる。代表的な例としては、鉄を中心金属として含むフェロセンFe(C5H5)2がある。他の一つはシクロペンタジエニル環一つが金属と配位し、さらに一酸化炭素または一酸化窒素が配位したものでバナジウム、マンガン、タングステン錯体などが知られている。多くは空気中で熱に対して安定である。エーテルなど多くの有機溶媒に可溶。各金属で特有の色をもっている。

[佐藤武雄・廣田 穰]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

化学辞典 第2版の解説

シクロペンタジエニル錯体
シクロペンタジエニルサクタイ
cyclopentadienyl complex

シクロペンタジエニドイオン C5H5と金属イオンとの錯体.一般式Mn (C5H5)nで表され,n = 2の場合はサンドイッチ型構造となる.その代表的な化合物はFe(C5H5)2で,フェロセンとよばれる.金属イオンとしては,第一,第二,第三遷移金属イオンや,希土類イオンのものなど,多数が含まれる.ただし,第一遷移元素以外はヒドリド混合錯体をつくるものが多い([MoH2(C5H5)2],その他).また,[M (C5H5)2]X型や[M (C5H5)2]X2型(Xは一価の陰イオン),それにM (C5H5)(MはLi,Naなど)型も存在し,構造も多様である.化学的性質は一般に安定である.また,C5(CH3)5は Cp* と略記され,C5H5と同様に遷移金属イオンと数多くの化合物をつくる.

出典 森北出版「化学辞典(第2版)」化学辞典 第2版について 情報

今日のキーワード

緑酒

〘名〙 緑色の酒。よい酒。うまい酒の色としていう。※菅家文草(900頃)五・雨晴対月「緑酒猶催醒後盞、珠簾未レ下暁来鈎」※一高寮歌・嗚呼玉杯に花うけて(1902)〈矢野勘治〉「嗚呼玉杯に花うけて 緑酒...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android