コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シク王国 シクおうこくSikh

翻訳|Sikh

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シク王国
シクおうこく
Sikh

19世紀初頭から 1849年まで北西インド,パンジャブ地方に形成されたシク教徒の王国。シク教は 15世紀末ナーナクによって創始され,ヒンドゥー教イスラム教を融合した一神教カーストを否定した。この教団はグル (師) によって指導され,次第に政治的・軍事的集団に変貌したが,特に 17世紀後半ゴービンド・シングはシク軍隊化,教団国家建設を進め,ムガル帝国と対抗した。 18世紀中頃シク教団は軍隊を 12のミシル (軍団) に分け,各地に城塞を築き,実質上パンジャブを支配した。 19世紀初めランジート・シングは諸ミシルを統合し,パンジャブからペシャワルカシミールを含む一大王国をつくり上げ,イギリスと妥協しながらも,それと対抗しうる唯一の独立国を形成した。彼の死後,後継者争いにより王国は分裂状態となり,第1次 (1845~46) および第2次 (48~49) のシク戦争でイギリスに敗北,パンジャブは併合されて全インドにイギリス支配が確立した。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典内のシク王国の言及

【ランジート・シング】より

…インド北西部パンジャーブ地方に勢力を張ったシク王国の創建者。12歳で父の跡を継ぎ,シク教徒の一つの小さな領国(ミスル)の長となる。…

※「シク王国」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シク王国の関連キーワードミントー(1st Earl of Minto Gilbert Elliot)カイバル・パクトゥンクワ州ムジャーヒディーン運動グジュラーンワーラランジート・シンググジュランワーラーパンジャブ州ベンティンクラホール

今日のキーワード

存亡の機

引き続き存在するかここで滅びてしまうかという非常に重大な時。存亡の秋(とき)。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android