コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シジュウカラガン

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シジュウカラガン

カナダガン」のページをご覧ください。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シジュウカラガン
しじゅうからがん / 四十雀雁
Aleutian Canada goose
[学]Branta canadensis leucopareia

鳥綱カモ目カモ科の鳥。全長約67センチメートル。カナダガンの中形の1亜種で、下頸(かけい)の白頸輪が特徴である。以前は、アッツ島からアトカ島までのアリューシャン列島、カムチャツカ半島、北千島に繁殖し、カリフォルニアまでと日本へ渡り越冬した。その後、1920年から1930年にかけてのアオギツネのアリューシャン列島への放獣によって急激に減少し、日本にも渡来しなくなったが、キツネが放されなかったブルディル島にのみ約200つがいが生き残った。越冬地のカリフォルニアでの銃獲禁止が功を奏し、越冬群は、1975年春の790羽から、1977年秋には1600羽へと急増した。日本にも近年単独で渡来し始めている。さらにアメリカ政府は、アリューシャン列島のキツネの駆除と、カリフォルニアでの本種の人工増殖を企画実施し、キツネを駆除したアリューシャンの島へもふたたびこの鳥を移すことに着手しており、日本にもアメリカで人工繁殖した数羽が送られ、繁殖の試みがされている。[黒田長久]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シジュウカラガンの関連キーワード日本のおもな動物園アリューシャン列島ガン(雁)カナダ雁黒田長久

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シジュウカラガンの関連情報