コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シットウェル姉弟 シットウェルしてい

1件 の用語解説(シットウェル姉弟の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シットウェルしてい【シットウェル姉弟】

イギリスの,シットウェル准男爵家出身の3人の文人姉弟。第1次大戦後のイギリス文壇・社交界の名物的存在として,知的自由を弁護し,因習的迷妄を批判,俗物性を風刺した。長女イーディス・シットウェルEdith Sitwell(1887‐1964)は学校教育を受けず,まず年刊の現代詩集《車輪》(1916‐21)を編纂して,若い詩人たちを紹介し詩壇に新風を送った。自分の詩集としては,処女作《母その他の詩》(1915)ののち,ジャズリズムを取り入れた《ファサード》(1922)を発表。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

世界大百科事典内のシットウェル姉弟の言及

【レーマン】より

…すぐれた編集者として新しい才能発掘で知られるが,緊密で鋭い詩風の持主で《全詩集1930‐63》(1963)があるほか,幼年期の感受性をみずみずしく描いた自叙伝《ささやく回廊》(1955),その続編《私は私の兄弟》(1960)や《ふんだんな提案》(1966)もすぐれている。またシットウェル姉弟の伝記である《虎たちのすみか》(1968),ウルフ夫妻についての回想録《ウルフ夫妻に身をささげて(狼たちに投げ与えられて)》(1978)があり,〈生きた現代文学貯蔵庫〉の趣がある。女流作家R.N.レーマンは姉。…

※「シットウェル姉弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シットウェル姉弟の関連キーワードイギリス連邦シットウェルイギリスオランダ戦争イギリス巻イギリス組曲ウェルシュ・テリアイギリス鞍 (English saddle)ウェルシュ・ポニー種 (Welsh Pony)ウェルシュ・マウンテン種 (Welsh Mountain)ウェルシュ種 (Welsh)

今日のキーワード

アレルギー

語源はギリシャ語。「変わった(変えられた)働き」です。関係しているのは、人間の免疫システム。免疫は本来、人の体を守る仕組みですが、ときに過剰反応し、不快な症状を引き起こすことがあります。それがアレルギ...

続きを読む

コトバンク for iPhone