シットウェル姉弟(読み)シットウェルしてい

世界大百科事典 第2版の解説

シットウェルしてい【シットウェル姉弟】

イギリスの,シットウェル准男爵家出身の3人の文人姉弟。第1次大戦後のイギリス文壇・社交界の名物的存在として,知的自由を弁護し,因習的迷妄を批判,俗物性を風刺した。長女イーディス・シットウェルEdith Sitwell(1887‐1964)は学校教育を受けず,まず年刊の現代詩集車輪》(1916‐21)を編纂して,若い人たちを紹介し詩壇新風を送った。自分の詩集としては,処女作《母その他の詩》(1915)ののち,ジャズリズムを取り入れた《ファサード》(1922)を発表。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のシットウェル姉弟の言及

【レーマン】より

…すぐれた編集者として新しい才能発掘で知られるが,緊密で鋭い詩風の持主で《全詩集1930‐63》(1963)があるほか,幼年期の感受性をみずみずしく描いた自叙伝《ささやく回廊》(1955),その続編《私は私の兄弟》(1960)や《ふんだんな提案》(1966)もすぐれている。またシットウェル姉弟の伝記である《虎たちのすみか》(1968),ウルフ夫妻についての回想録《ウルフ夫妻に身をささげて(狼たちに投げ与えられて)》(1978)があり,〈生きた現代文学貯蔵庫〉の趣がある。女流作家R.N.レーマンは姉。…

※「シットウェル姉弟」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

大学入試センター試験

国立大学の共通第1次学力試験制度は、1979年度に導入された。入学試験を第1次と第2次とに分け、第1次試験は大学入試センターが共通学力試験を実施。第2次試験は各大学がきめ細かな入学者選抜を行うことを目...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android