コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シッポゴケ Dicranum japonicum Mitt.

2件 の用語解説(シッポゴケの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シッポゴケ【Dicranum japonicum Mitt.】

シッポゴケ科の大型の蘚類。日本とその近接地域に分布し,低地から亜高山帯までのやや明るい場所の腐植質の多い土上に群生する。茎は高さ10cm以上に達し,地上部にも白い仮根をつける。葉は針形で長さ約1cm,広く開出し,中央脈は先端に達する。蒴(さく)は曲がった円筒形,先端はくちばし状,蒴歯は16枚で先端が2裂する。和名は植物体が動物の尾に似ているため。カモジゴケD.scoparium Hedw.は世界に広く分布し,日本では前種と同様な場所に生える。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シッポゴケ
しっぽごけ
[学]Dicranum japonicum Mitt.

コケ植物シッポゴケ科の1種。山地の半日陰地の腐植に富む地上などに大きな群落をつくる。茎の高さ8~10センチメートルで、白色の仮根で覆われる。葉は細長い披針(ひしん)形で、8~10ミリメートルの長さ。胞子体は1本。日本各地のほか、朝鮮半島、中国にも分布する。
 なお、シッポゴケはシッポゴケ属の種類の総称としても使われる。日本には約20種が知られている。オオシッポゴケD. nipponenseは茎に褐色の仮根をたくさんもち、シッポゴケよりはやや小形。カモジゴケD. scopariumは褐色の仮根をもち、高さ2~7センチメートル。両種とも日本全国に普通にみられ、庭園に植えられることもある。[井上 浩]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シッポゴケの関連キーワード蛇苔杉苔蘚類泡苔大杉蘚銀蘚高野の万年蘚しっぽトポゴン水蘚

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone