コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シトレ シトレ Sithole, Ndabaningi

2件 の用語解説(シトレの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シトレ
シトレ
Sithole, Ndabaningi

[生]1920.7.31. ニャマンドロブ
[没]2000.12.12. フィラデルフィア
ジンバブエの牧師,代表的な民族主義指導者。ワッディラブ学院卒業後教職につき,かたわら南アフリカ大学通信教育課程修了。 1955年アメリカへ渡り,ニュートン神学大学へ入学。すでにアフリカ民族会議の共鳴者になっていた彼は,留学中の 57年『アフリカの心』 African Nationalismを執筆。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シトレ
しとれ
Ndabaningi Sithole
(1920―2000)

ローデシア(現ジンバブエ)民族運動の指導者。同国南西部のマタベレランド州に生まれる。1955年アメリカのニュートン神学校に入学、1958年帰国、牧師となる。1959年『アフリカ民族主義』を出版し、1960年民族民主党に入党。同党非合法化後エンコモとともにジンバブエ・アフリカ人民同盟(ZAPU)創設。1963年脱党してムガベとともに急進的なジンバブエ・アフリカ民族同盟(ZANU)を結成し議長となる。1964年投獄され、1974年釈放後、南アフリカ共和国首相フォルスターの仲介で白人入植者スミスとすべての解放勢力の代表との独立について話し合うビクトリア・フォールズ会談に出席、会談は決裂した。その後1977年、首相スミスは英米提案を拒否して国内穏健派と国内解決を図り、シトレはそれに応じたためZANU党員の信頼を失い、アメリカに移る。1980年ジンバブエの独立に際し帰国し、ZANU・シトレ派を結成したが、選挙で敗北。[林 晃史]
『寺本光朗訳『アフリカの心』(岩波新書) ▽In defence of the Rhodesian constitutional agreement ; a power promise(1978, Graham Pub., Salisbury) ▽Hammer and sickle over Africa(1991, Vantage Press, New York)』

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シトレの関連キーワード邪慢ニャマチョマきくらげコーシャマンシナチクにゃにゃまる忍者にゃにゃまるまいたけデンドロリスヲシャマンベ陣屋跡

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シトレの関連情報