コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シフノス島 シフノスとうNísos Sífnos

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シフノス島
シフノスとう
Nísos Sífnos

ギリシア,エーゲ海南部,キクラデス諸島南西部の島。石灰岩質の丘陵から成る島で,最高点は 694m。中心集落アポロニア。古代にアテネのイオニア人が植民。前 525年頃この島で採掘された金,銀がデルフォイの宝庫に奉納された。ビザンチン時代に聖像破壊運動で迫害された修道士たちが逃れてきて,多くの聖堂や修道院を建設。 13~17世紀は短期間を除いてベネチア領。その後オスマン帝国領。ギリシア独立戦争 (1821~29) 後ギリシア領。主産業は製陶,観光業,漁業。面積 73km2。人口 2087 (1981) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

シフノス‐とう〔‐タウ〕【シフノス島】

SifnosΣίφνος》ギリシャ南東部、エーゲ海に浮かぶ島。キクラデス諸島に属す。中心地はアポロニア。古代には金・銀を豊富に産した。現在は陶芸が盛ん。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

シフノス島の関連キーワードシフノス人の宝庫

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android