コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

イオニア人 イオニアじん Iōnes; Ionians

4件 の用語解説(イオニア人の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

イオニア人
イオニアじん
Iōnes; Ionians

古代ギリシア人の一種族。イオニア方言を話し,小アジアイオニア地方,エーゲ海中部の島々,エウボイア,アッチカなどに住んだ。ホメロスの詩には1度出てくるだけだが,小アジア西岸の中央部がイオニアとして知られるようになってから特に重要になった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

イオニア人【イオニアじん】

早くからギリシアに南下したとみなされる古代ギリシア人の一分派。アッティカ,エウボイアから小アジア西岸中部のイオニアに移住。イオニア方言を話す。アテナイ人は代表的存在であるが,前7―前6世紀イオニア諸市(ミレトスエフェソス)は海外植民,貿易で活躍。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

イオニアじん【イオニア人 Ionians】

ギリシア人の一分派でアカイア人ドリス人などとならぶ種族。前1000年ごろアッティカから小アジア西岸中央部(イオニア)に多数の植民者が送られたらしく,それにはペロポネソス半島北部海岸地域からの移民もまじっていたらしい。イオニア方言はアッティカ,エウボイア,デロスキオス,イオニアで話され,イオニア人の結合の象徴はミュカレ岬のポセイドン神殿で催されるパンイオニア祭およびデロス島アポロン神殿の祭典であった。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

イオニア人
いおにあじん
Ionians

古代ギリシア民族の一分派。古伝承ではギリシア人の祖ヘレンHellenの孫イオンIonを祖先とする人々とされ、ドーリス人の侵入に際して「イオニア最古の地」たるアテネの指導下に小アジアのイオニア地域に植民したと伝えられる。彼らは言語学上、アッティカ、エウボイア、キクラデス、イオニアに分布したアッティカ・イオニア方言に属するギリシア語を用いた。居住地は、アテネからエーゲ海の島々を経て小アジア西岸に至る諸ポリスと、それらの植民市に分布していた。紀元前5世紀以降、知的で洗練されたイオニア人と、勇敢だが粗野なドーリス人とが対比されて論じられたが、ドーリス系の植民市でありながら優美な文化を残しているシラクサシラクーザ)など、この対比には多くの例外がある。[前沢伸行]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

イオニア人の関連キーワードアカイア人ギリシア美術ミケーネ文明メッセニアラコニアドリス人ドーリア人ヘイロータイロクリス《ギリシア人への言葉》

今日のキーワード

大統領補佐官

各種政策の立案その他に関し,側近として大統領に助言する役職だが,実質上はブレーン,顧問として多面的な役割を担う。憲法で定められた唯一の行政責任者である合衆国大統領は,強大な権力を持つにもかかわらず,議...

続きを読む

コトバンク for iPhone