コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シプカ遺跡 シプカいせきSipka

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シプカ遺跡
シプカいせき
Sipka

チェコの北モラビアにある洞穴遺跡。 1880年に K.マシュカによって多量の石器,絶滅種動物とともに小児の下顎骨片が発見された。 1955年までチェコスロバキアの考古学者は,遺跡,遺物の年代を与えなかったが,今日では,人骨ネアンデルタール人,石器はムスティエ文化期のもの,とされている。氷期に対応させるとウルム氷期の前半に属すると考えられている。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

シプカ遺跡の関連キーワードネアンデルタール

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android