コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シベリア流刑 シベリアるけい Ssylka v Sibir’

1件 の用語解説(シベリア流刑の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シベリアるけい【シベリア流刑 Ssylka v Sibir’】

ロシアにおける政治的流刑制度。すでにモスクワ大公イワン3世の時代(1462‐1505)から存在したが,16~17世紀にはヨーロッパロシアへの流刑が多く,シベリア流刑はごくまれであった。18世紀になるとシベリアの資源の開発と結びついて,植民や強制労働を目的とするシベリア流刑が多くなった。1760年の法律により地主貴族は自分の農奴を裁判にかけることなくシベリアに強制移住させることが認められたが,さらに65年の法は彼らに農奴をシベリア徒刑にする権利を与えた。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シベリア流刑の関連キーワード政治的責任特高ポレボイモスクワ遠征ロシア遠征ロシア語浦塩斯徳憲政八杉貞利ロシアの陰謀の歴史

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone