コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャイ・ドレーガー症候群 シャイドレーガーしょうこうぐんShy-Drager syndrome

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャイ・ドレーガー症候群
シャイドレーガーしょうこうぐん
Shy-Drager syndrome

原因不明の起立性低血圧インポテンツなどの自律神経症状と運動系神経障害が現れる疾患。 1960年シャイとドレーガーが報告し,正式な病名として認められた。 40~60歳頃の発症が多く,進行すると尿失禁振顫などの症状のほか,パーキンソン病のような症状が見られることもある。症状はゆるやかに進行していき,寝たきりになることも多く,自覚症状発症後2~19年 (平均7~8年) で死亡することが多い。起立性低血圧の治療のためインドメサシンなどが投与されるが,神経症状に対し有効な治療薬はまだない。抗パーキンソン剤が有効との指摘もある。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

シャイ・ドレーガー症候群の関連キーワード脊髄小脳変性症自律神経失調症多系統萎縮症低血圧(症)神経内科難病

今日のキーワード

姑息

[名・形動]《「姑」はしばらく、「息」は休むの意から》一時の間に合わせにすること。また、そのさま。一時のがれ。その場しのぎ。「姑息な手段をとる」「因循姑息」[補説]近年、「その場だけの間に合わせ」であ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android