シャクシナ(読み)しゃくしな

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャクシナ
しゃくしな / 杓子菜
[学]Brassica chinensis L.

アブラナ科の一年草。タイサイ体菜)ともいう。主要な葉菜の一つで、中国揚子江(ようすこう)一帯に栽培されていたものが、明治初年に日本へ伝えられた。食用部の根生葉は長さ25~50センチメートル、葉身と葉柄の形が杓子(しゃくし)状になるのでこの名がある。おもに漬物とされ、緑色があせないので喜ばれる。結球ハクサイが普及するまでの間は、日本の漬け菜生産の首位を占めていた。耐寒性が強く、8~11月に種を播(ま)き、10~1月に葉が14~16枚のとき収穫する。おもに関西から九州で栽培され、品種には雪白体菜、白茎体菜などがある。近年、中国野菜として普及しているパクチョイ(白茎白菜)やチンゲンサイ(青梗菜)も同じ仲間。[星川清親]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のシャクシナの言及

【タイサイ(体菜)】より

…アブラナ科の一年草。葉の形がしゃくし(杓子)のような形をしているところから,シャクシナともいう。中国の原産で明治初年に日本に導入された。…

※「シャクシナ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

アポ電詐欺

《「アポ」は「アポイントメント」の略》電話を使用した振り込め詐欺の一。身内の者になりすまして電話番号が変わったと伝え、再度電話して金銭を要求したり、役所の担当者や銀行員などになりすまして電話をかけ、後...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android