コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラント川 シャラントがわCharente

2件 の用語解説(シャラント川の意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャラント川
シャラントがわ
Charente

フランス西部を流れる川。全長約 360km。マシフサントラル (中央山地) 西部リムーザン高原に源を発し,北西流してシブレで方向を変え,アングモアの平野を南下。アングレームから西北西に向きを変え,コニャック地方の豊かな平野を潤し,ロシュフォールの下流でビスケー湾に注ぐ。河口西側沖をオレロン島にさえぎられ,河口入江の土砂堆積が激しい。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャラント川
しゃらんとがわ
la Charente

フランス西部の川。全長360キロメートル。リムーザン山地の西斜面の標高300メートル地点に発し、西北流、ついで南流してアングレームに至り、西流あるいは西北流し、コニャック、サント、ロシュフォールを経てオレロン島の対岸で大西洋に入る。流域はブドウワインの産地として有名。[高橋 正]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)
日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

今日のキーワード

エンゲルの法則

家計の総消費支出に占める飲食費の割合 (エンゲル係数 Engel coefficientと呼ぶ) は,所得水準が高く,したがって総消費支出が大きいほど低下するというもの。エンゲル係数は国民の消費生活面...

続きを読む

コトバンク for iPhone