コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラント川 シャラントがわCharente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャラント川
シャラントがわ
Charente

フランス西部を流れる川。全長約 360km。マシフサントラル (中央山地) 西部リムーザン高原に源を発し,北西流してシブレで方向を変え,アングモアの平野を南下。アングレームから西北西に向きを変え,コニャック地方の豊かな平野を潤し,ロシュフォールの下流でビスケー湾に注ぐ。河口西側沖をオレロン島にさえぎられ,河口入江の土砂堆積が激しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャラント川
しゃらんとがわ
la Charente

フランス西部の川。全長360キロメートル。リムーザン山地の西斜面の標高300メートル地点に発し、西北流、ついで南流してアングレームに至り、西流あるいは西北流し、コニャック、サント、ロシュフォールを経てオレロン島の対岸で大西洋に入る。流域はブドウとワインの産地として有名。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャラント川の関連キーワードロシュフォール(フランス)シャラントマリティム県コニャック(フランス)サント(フランス)アキテーヌ盆地シャラント県ブランデーオーニス高橋

今日のキーワード

OAR

2018年の平昌五輪に国家資格ではなく個人資格で参加したロシア国籍の選手のこと。「Olympic Athlete from Russia(ロシアからの五輪選手)」の略。14年ソチ五輪での組織的なドーピ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android