コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャラント川 シャラントがわCharente

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シャラント川
シャラントがわ
Charente

フランス西部を流れる川。全長約 360km。マシフサントラル (中央山地) 西部リムーザン高原に源を発し,北西流してシブレで方向を変え,アングモアの平野を南下。アングレームから西北西に向きを変え,コニャック地方の豊かな平野を潤し,ロシュフォールの下流でビスケー湾に注ぐ。河口西側沖をオレロン島にさえぎられ,河口入江の土砂堆積が激しい。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シャラント川
しゃらんとがわ
la Charente

フランス西部の川。全長360キロメートル。リムーザン山地の西斜面の標高300メートル地点に発し、西北流、ついで南流してアングレームに至り、西流あるいは西北流し、コニャック、サント、ロシュフォールを経てオレロン島の対岸で大西洋に入る。流域はブドウとワインの産地として有名。[高橋 正]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

シャラント川の関連キーワードロシュフォール(フランス)シャラントマリティム県コニャック(フランス)サント(フランス)アキテーヌ盆地シャラント県ブランデーオーニス高橋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android