コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シャンド Shand, Alexander Allan

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

シャンド Shand, Alexander Allan

1844-1930 イギリスの銀行家。
文久3年(1863)マーカンタイル銀行横浜支店長格で来日。明治5年日本政府に国立銀行の経営指導者としてやとわれ,銀行簿記,金融業務を指導。「銀行簿記精法」「銀行大意」をあらわし,日本金融界の近代化につくした。明治11年帰国。1930年4月12日死去。86歳。アバディーン出身。

出典 講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて 情報 | 凡例

朝日日本歴史人物事典の解説

シャンド

没年:1930.4.12(1930.4.12)
生年:1844
明治初期のお雇い外国人。イギリス人銀行家。アバディーン生まれ。文久3(1863)年ごろ来日,チャータードマーカンタイル銀行横浜支店支配人格。明治5(1872)年,大蔵省雇い紙幣頭附属書記官となり,省員や国立銀行行員に銀行簿記を教えた。明治11年帰国。<著作>『銀行簿記精法』,『銀行大意』<参考文献>土屋喬雄『お雇い外国人』(8)金融・財政

(安岡昭男)

出典 朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版朝日日本歴史人物事典について 情報

シャンドの関連キーワードLVMHモエヘネシー・ルイヴィトンドメインシャンドンワイナリーベルナルド ベルトルッチ東ティモール独立革命戦線フレデリック キュメナルデンマーク王立バレエ団リシャール ジェフロワコーク(アイルランド)レーウフォンテーン岩アレシャンドレ パトシティ・オブ・ゴッドシャンドマルス公園ヒーズルウッド鉱シャンドゥール峠メタアルミナ型セントアン教会トロカデロ広場ドンペリニヨンパーアルミナ型サブアルミナ型