コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュウブンソウ Rhynchospermum verticillatum Reinw.

2件 の用語解説(シュウブンソウの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュウブンソウ【Rhynchospermum verticillatum Reinw.】

1属1種で,アジアの東部から南部にかけて分布するキク科の多年草イラスト)。関東以西の山地の林縁に生える。草丈は高さ50~100cm。主幹は30~50cmくらいで生長が止まり,2~4本の枝を斜めに開出する。葉は披針形で,まばらに歯牙(しが)があり互生する。主幹の葉は長さ15cmに達するが,分枝の葉は一段と小さい。花は8~10月,分枝につく葉の腋(わき)から出る短い小枝に頂生する頭花である。頭花は筒状花と舌状花とからなり,開花直径は4~5mmと小さい。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シュウブンソウ
しゅうぶんそう / 秋分草
[学]Rhynchospermum verticillatum Reinw.

キク科の多年草。茎は高さ0.5~1メートル。直立する主茎は2、3本の枝に分かれて斜め上に伸びる。葉は互生し、膜質で、両面に短い剛毛がある。8~10月、葉腋(ようえき)の短い小枝に頭花を頂生する。頭花は舌状花と管状花からなり、舌状花は2列で、白色を帯びる。舌状花の痩果(そうか)にはくちばしがあるが、管状花の痩果にはない。山地の林床や林縁に生え、西南日本から東南アジアに分布する。[小山博滋]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュウブンソウの関連キーワードシャモア東アジアアジア象がらがら蛇小アジア東亜南アジアアジアダラーアジアンポップス紅鳩

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone