コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファン寺院 シュテファンジイン

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュテファンじいん【シュテファン寺院】

オーストリアの首都ウィーンにあるゴシック様式の大聖堂(ウィーン大司教区の司教座聖堂)。ウィーンのシンボル的存在で、最も著名な観光スポットの一つである。オーストリア公ルドルフ4世の命により、12~13世紀にかけて建築された建造物で、異教の塔と呼ばれる正面左右の塔(南塔、北塔)を持つ、同国最大のゴシック建築物である。聖堂は第二次世界大戦末期、爆撃による延焼で全壊したが、再建され、元の姿を取り戻した。モーツァルトと妻ウェーバー・コンスタンツェの結婚式と葬儀が行われた教会でもある。内部には、赤大理石の「神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の墓」(1467~1513年)、アントン・ピルグラム作の「説教壇」(1514~1515年)、「ウィーナー・ノイシュタットの祭壇」(1447年)、「召使い女のマドンナ像」(1320年頃)などがある。北塔(137m)には、同国最大の「プンメリン」という鐘があり、展望台にエレベーターが通じている。この鐘は、1683年のオスマントルコ軍のウィーン包囲の際、残していった大砲などの武器を溶かして鋳造(ちゅうぞう)された。南塔(72m)はかつての火の見櫓で、343段の螺旋(らせん)階段を使って登ることができる。◇この聖堂を含む歴史地区は、世界遺産に登録されている。

出典|講談社世界の観光地名がわかる事典について | 情報

シュテファン寺院の関連キーワードザンクトマルクス墓地火の見櫓

今日のキーワード

異常天候早期警戒情報

5日から 8日先を最初の日とする 7日間の平均気温がかなり高い,またはかなり低い確率が 30%以上と見込まれる場合に注意を呼びかけるため気象庁から発表される情報。低温や猛暑が長く続くと,人の活動や農作...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android