コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュテファン寺院 シュテファンジイン

2件 の用語解説(シュテファン寺院の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シュテファン‐じいん〔‐ジヰン〕【シュテファン寺院】

Stephansdom》⇒シュテファン大聖堂

出典|小学館 この辞書の凡例を見る
監修:松村明
編集委員:池上秋彦、金田弘、杉崎一雄、鈴木丹士郎、中嶋尚、林巨樹、飛田良文
編集協力:曽根脩
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュテファンじいん【シュテファン寺院】

オーストリアの首都ウィーンにあるゴシック様式の大聖堂(ウィーン大司教区の司教座聖堂)。ウィーンのシンボル的存在で、最も著名な観光スポットの一つである。オーストリアルドルフ4世の命により、12~13世紀にかけて建築された建造物で、異教の塔と呼ばれる正面左右の塔(南塔、北塔)を持つ、同国最大のゴシック建築物である。聖堂は第二次世界大戦末期、爆撃による延焼で全壊したが、再建され、元の姿を取り戻した。モーツァルトと妻ウェーバー・コンスタンツェの結婚式と葬儀が行われた教会でもある。内部には、赤大理石の「神聖ローマ皇帝フリードリヒ3世の墓」(1467~1513年)、アントン・ピルグラム作の「説教壇」(1514~1515年)、「ウィーナー・ノイシュタットの祭壇」(1447年)、「召使い女のマドンナ像」(1320年頃)などがある。北塔(137m)には、同国最大の「プンメリン」という鐘があり、展望台にエレベーターが通じている。この鐘は、1683年のオスマントルコ軍のウィーン包囲の際、残していった大砲などの武器を溶かして鋳造(ちゅうぞう)された。南塔(72m)はかつての火の見櫓で、343段の螺旋(らせん)階段を使って登ることができる。◇この聖堂を含む歴史地区は、世界遺産に登録されている。

出典|講談社
(C)Kodansha.
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュテファン寺院の関連キーワード維納ウィーンの森カーレンベルクドナウタワーVPOボティーフ教会ウィーン気質ウィーンの花の舞踏会ウィーンフィル舞踏会レゾナンツェン

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シュテファン寺院の関連情報