コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュナウツァー[種] schnauzer

翻訳|schnauzer

1件 の用語解説(シュナウツァー[種]の意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シュナウツァー[種]【schnauzer】

原産地がドイツの牧畜犬,警備犬,家庭犬。シュナウザーともいう。スタンダードジャイアントミニチュアの3種類がある。スタンダード・シュナウツァーはドイツ南部の農業地帯で,15世紀ころすでに牧畜犬として働いていた古い犬種で,ウシ,ヒツジ,ブタなどの誘導,害獣からの家畜の警護,ノネズミの捕殺,納屋の警備など,万能犬として活躍した。ジャーマン・プードルウルフスピッツ,ワイヤヘアード・ピンシェルテリア種などの混血から作出されたと伝えられる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
世界大百科事典 第2版について | 情報

今日のキーワード

稀勢の里寛

1986- 平成時代の力士。昭和61年7月3日生まれ。中学卒で鳴戸部屋に入門し,平成14年3月初土俵。16年5月新十両,同年11月には18歳4ヵ月で新入幕をはたす。18年7月新三役小結,21年3月新関...

続きを読む

コトバンク for iPhone