コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュピットラー シュピットラー Spittler, Christian Friedrich

2件 の用語解説(シュピットラーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シュピットラー
シュピットラー
Spittler, Christian Friedrich

[生]1782.4.12.
[没]1867.12.8.
ドイツルター派教会信徒。バーゼルのクリステントゥムス・ゲゼルシャフト主事。バーゼルに出版会社 (1812) ,貸出図書館 (34) をつくり,聖書,文書伝道の普及に尽力,また同地の聖書協会,伝道協会の設立に参与,貧民の救済,諸施設建設などに貢献した。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

シュピットラー
シュピットラー
Spittler, Ludwig Timotheus

[生]1752.11.11. シュツットガルト
[没]1810.3.14. シュツットガルト
ドイツの歴史家。 1778年に刊行した『教会法史』 Geschichte des kanonischen Rechtsで名声をあげ,84年以降ゲッティンゲン大学の歴史学教授となり,教会史,教義史などを講じた。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シュピットラーの関連キーワード階乗偶数スターリングの補間公式ラテン方陣エヌ没・歿勃・歿・没三角数Diaz de la Peña,N.

今日のキーワード

ネコノミクス

猫が生み出す経済効果を指す造語。2012年に発足した安倍晋三内閣の経済政策「アベノミクス」にちなみ、経済が低迷する中でも猫に関連するビジネスが盛況で、大きな経済効果をもたらしていることを表現したもの。...

続きを読む

コトバンク for iPhone