コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シュベルニー城 シュベルニージョウ

2件 の用語解説(シュベルニー城の意味・用語解説を検索)

デジタル大辞泉の解説

シュベルニー‐じょう〔‐ジヤウ〕【シュベルニー城】

Château de Cheverny》フランス中部、ロアール‐エ‐シェル県、シュベルニーにある城。17世紀前半に建造され、左右対称の均整の取れた外観で知られる。アンリ4世の天蓋付きベッドや17世紀フランドルタペストリーなどを所蔵。ロアール渓谷流域の古城の一つとして、2000年に「シュリーシュルロアールとシャロンヌ間のロアール渓谷」の名称で世界遺産文化遺産)に登録された。

出典|小学館
デジタル大辞泉について | 情報 凡例

世界の観光地名がわかる事典の解説

シュベルニーじょう【シュベルニー城】

フランス中央部の都市ブロワ(Blois)の南西10km、ロワール渓谷沿いのシュベルニー(Cheverny)にある古城。ソローニュ森の西に位置している。トゥール(Tours)からは約80km、車で1時間ほどの距離にある。シュベルニー伯爵フィリップ・ユローが1624~1630年にかけて築いた城で、シンメトリーの均整のとれた美しい外観には定評がある。さまざまな経緯があったが、今日までユロー家の一族が所有する城である。この城は、ロワール渓谷にある数々の城に先がけて1914年に一般公開が始まった。城内にはブルボン朝を創始したアンリ4世(1553~1610年)の天蓋付きベッドや17世紀フランドルのタペストリーなどがある。また、広大な庭園があり、夏季のみ公開されている。

出典|講談社
世界の観光地名がわかる事典について | 情報

シュベルニー城の関連キーワードシャトーイフ城カーン城カン城サンスーシ宮殿シノン城シヨン城ブロア城ブロワ城ベーブ城

今日のキーワード

百条委員会

地方自治体が議決により設置する特別委員会の一つ。名称は「地方自治法第100条」に基づく。百条委員会は、地方公共団体の事務に関する調査を行い、関係者への聞き取りや記録の提出を請求、拒否した者には罰則が科...

続きを読む

コトバンク for iPhone