シルクロード:長安―天山回廊の交易路網(読み)シルクロード ちょうあん てんざんかいろうのこうえきろもう

世界遺産詳解の解説

シルクロード ちょうあん てんざんかいろうのこうえきろもう【シルクロード:長安―天山回廊の交易路網】

2014年に登録された世界遺産(文化遺産)。この世界遺産は、ヨーロッパと中国を結ぶ約8700kmに及ぶシルクロードのうち、中国の漢・唐王朝の首都であった洛陽・長安から天山回廊を経て、中央アジアのジェティス地域までの中国、カザフスタン、キルギスの3ヵ国にまたがる総延長約5000kmの部分。シルクロードは、紀元前2世紀から紀元1世紀ごろにかけて各都市を結ぶ通商路として形成され、多様な文化を結び、絹をはじめとする特産物の交易のほか、政治、経済、宗教、思想、文化、芸術など広範囲の交流を結ぶ重要なルートとなり、16世紀まで幹線道として活用された。この路網に含まれる世界遺産は、玄奘(げんじょう)三蔵がインドから持ち帰った経典を収めたとされる大雁塔(だいがんとう)や麦積山(ばくせきざん)の石窟寺院のほか、漢王朝の宮殿建築群、キジル千仏洞など中国国内の22ヵ所に加え、カザフスタン国内のアクトベ遺跡など8ヵ所、キルギス国内のバラサグン遺跡など3ヵ所の合計33ヵ所の構成資産からなる。シルクロード交易による社会基盤の整備や技術革新がもたらされ、主要な文化・思想の交流を生んだことが評価され、世界遺産に登録された。◇英名はSilk Roads: the Routes Network of Chang'an-Tianshan Corridor

出典 講談社世界遺産詳解について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出入国在留管理庁

政府が2019年4月に発足を予定している法務省の外局。18年12月の出入国管理法改正案成立に伴う外国人労働者の受け入れ拡大に対応するため、同省の内部部局である入国管理局を再編・格上げし、新設することが...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android