コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シルベイラ シルベイラSilveira, Don Gonçalo de

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シルベイラ
Silveira, Don Gonçalo de

[生]?
[没]1640
ポルトガルの日本貿易船隊司令官。 1610年代末から東インドで転戦,30年マカオに進出。同年遣日特使として長崎に来航し,長崎奉行竹中采女正義重とシャム日本船撃沈事件の弁明のため折衝,その後4年間日本に留って 34年徳川家光に謁したのち,マカオに帰った。 35,36年とさらに来日,3回目のとき船員一同とともに出島に監禁され,次いで追放されたポルトガル日本人妻子ら 287人とともにマカオに帰った。 40年ゴアを経て帰国後,死亡。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

シルベイラ Silveira, Gonçalo da

?-1640 ポルトガルの官吏。
対日貿易総司令官。寛永7年(1630)日本船撃沈事件弁明のためマカオから来日。幕府によって長崎に抑留されていたポルトガル船の解放を実現し,11年将軍徳川家光との対面にも成功するなど,外交関係正常化につとめる。以後,2度貿易のために来日した。

出典|講談社デジタル版 日本人名大辞典+Plusについて | 情報 凡例

世界大百科事典 第2版の解説

シルベイラ【José Xavier Mouzinho da Silveira】

1780‐1849
ポルトガルの政治家。南部の大地主の家に生まれ,コインブラ大学で法学を修めた。1820年の自由主義革命後,蔵相に任命されたが,ドン・ミゲルの反動政治を逃れてパリに亡命した。帰国後,自由主義陣営の蔵相,法相として立憲王制の近代ブルジョア的法体系を確立し(1832‐34),ポルトガルの近代化,植民地ブラジル喪失後の経済再建に貢献した。【金七 紀男】

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シルベイラの関連キーワードキリシタンピューリタン革命ブラガンサ朝ピューリタン革命パチェコエキュジョアン[4世]ブラガンサ朝ルーベンスの家チャールズ1世

シルベイラの関連情報