コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロイヌナズナ thale cress

世界大百科事典 第2版の解説

シロイヌナズナ【thale cress】

畑や道端に生えるアブラナ科の帰化雑草(イラスト)。根出葉はロゼット状でへら形,長さ1~2.5cm。春になると,直立する茎を出し,高さ15~30cm。根出葉には叉(さ)状に分かれた毛があるが,茎には毛がない。花は4~5月ころ,散房花序につき,白色で直径5mmくらい。各4枚の萼片と花序が十字形に配列し,短い2本のおしべと4本の少し長いおしべがある。めしべは1本。果実は柄のある長さ10~16mmの細い棒状で斜めに立ちあがる。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

シロイヌナズナの関連キーワードマイクロRNAアラビドプシスABCモデルストマジェンモデル生物分子生物学長日植物

今日のキーワード

衣笠祥雄

[生]1947.1.18. 京都プロ野球選手。京都の平安高校時代,捕手として甲子園に出場。高校卒業後,1965年広島東洋カープに入団。内野手に転向し,1970年 10月 19日の対読売ジャイアンツ (...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シロイヌナズナの関連情報