コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロイヌナズナ thale cress

1件 の用語解説(シロイヌナズナの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シロイヌナズナ【thale cress】

畑や道端に生えるアブラナ科の帰化雑草(イラスト)。根出葉はロゼット状でへら形,長さ1~2.5cm。春になると,直立する茎を出し,高さ15~30cm。根出葉には叉(さ)状に分かれた毛があるが,茎には毛がない。花は4~5月ころ,散房花序につき,白色で直径5mmくらい。各4枚の萼片と花序が十字形に配列し,短い2本のおしべと4本の少し長いおしべがある。めしべは1本。果実は柄のある長さ10~16mmの細い棒状で斜めに立ちあがる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

シロイヌナズナの関連キーワード畦菜犬酸漿蟹釣草小茄子塔花犬芥子崑崙草錦草アブラナナバナ

今日のキーワード

大寒

二十四節気の一つ。元来,太陰太陽暦の 12月中 (12月後半) のことで,太陽の黄経が 300°に達した日 (太陽暦の1月 20日か 21日) から立春 (2月4日か5日) の前日までの約 15日間で...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シロイヌナズナの関連情報