シロウマアサツキ(読み)しろうまあさつき

  • Allium schoenoprasum L. var. orientale Regel
  • しろうまあさつき / 白馬浅葱

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ユリ科(APG分類:ヒガンバナ科)の多年草。鱗茎(りんけい)は披針(ひしん)状円柱形で薄い膜質の外皮で覆われる。葉は円筒形で径5~6ミリメートル。花茎は高さ30~50センチメートル、花序は散形状で頂生し径3.5~4.0センチメートル。小花柄は長さ0.8~1.5センチメートル。花期は6~7月。花被片(かひへん)は披針形または広披針形、長さ6~8ミリメートルで雄しべとほぼ等長。中部地方以北の本州、北海道の高山帯に生え、朝鮮半島北部の高山から中国東北部、東シベリアに分布する。名は、白馬岳(しろうまだけ)で初めてみつけられた、アサツキの変種であることによる。

[河野昭一 2019年1月21日]


出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

出し子

1 だし汁を取るための干した雑魚(ざこ)。煮干し。2 振り込め詐欺などの犯罪に利用された預金口座から現金を引き出す役をいう隠語。→掛け子 →受け子...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android