コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロキサン siloxane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロキサン
siloxane

シロキサン結合 Si-Oを含む化合物の総称。ジシロキサン (SiH3)2O ,トリシロキサン (SiH3O)2SiH2 などがある。一般にシリコーンはシロキサンの誘導体とみなされる。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

世界大百科事典 第2版の解説

シロキサン【siloxane】

H3SiO(SiH2O)nSiH3で表される化合物の総称。炭化水素のエーテルに相当するSi-O-Si結合をもつ。n=0にあたるジシロキサンH3SiOSiH3,n=1にあたるトリシロキサンH3SiOSiH2OSiH3などがある。一般にシラノールHnSi(OH)4-nの縮合,シランSinH2n+2の部分的加水分解,ハロゲノシラン,シリルアミン(H3Si)nNH3-nの加水分解などにより得られる。モノマー(単量体)に相当するSiH2Oはプロシロキサンprosiloxaneと呼ばれる気体であるが,単離されてはいない。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロキサン
しろきさん
siloxane

シロキサン結合Si-O-Siを含む化合物の総称。ケイ素原子の数により、ジシロキサン、トリシロキサンなどと命名される。[RnSiO(4-n)/2]m(Rはアルキル、アリール基)型の重合体はシリコーンとよばれる。有機(オルガノ)ハロゲノシランの加水分解によって得られる。たとえば、モノブロモシランSiH3BrからジシロキサンH3Si-O-SiH3が得られる。ジクロロジメチルシランSi(CH3)2Cl2を加水分解して蒸留すると、環状のジメチルシロキサン[(CH3)2SiO]n(n=3~9)が留出し、線状のポリジメチルシロキサンHO[(CH3)2SiO]nHが残る。ハロゲノシラン類からシリコーン油、シリコーンゴム、シリコーン樹脂などの有機ケイ素化合物製造の際の中間体として重要である。[守永健一]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

シロキサンの関連キーワードケイ素樹脂(珪素樹脂)ジメチルジクロロシランケイ(珪)素樹脂シリコーン樹脂シリコーンゴムシリコン樹脂酸素富化膜モノマー加水分解合成ゴム剝離紙

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シロキサンの関連情報