コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シロサイ Ceratotherium simum; white rhinoceros

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

シロサイ
Ceratotherium simum; white rhinoceros

奇蹄目サイ科。サイ類中最大種で,体長 5m,体重 3tをこえる。体色黄褐色から淡灰色。頭に2本のがあり,前方の角は長く,1m以上になるものもある。口部は扁平。中央・南アフリカの一部の草原あるいは低木地帯に1対または家族単位ですみ,おもに草類を食べる。生息数は約 2000頭と推定されており,国際保護動物に指定されている。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シロサイ
しろさい / 白犀
white rhinoceros
[学]Ceratotherium simum

哺乳(ほにゅう)綱奇蹄(きてい)目サイ科の動物。ケニアからアフリカ南部にいるミナミシロサイC. s. simumと、中央アフリカのコンゴ民主共和国にいるキタシロサイC. s. cottoniの2亜種が含まれる。草原にすみ、幅の広い唇で、地面の草をむしり取って食べる。体長3.8メートル、体高1.85メートルにもなるサイの最大種である。[祖谷勝紀]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について | 情報 凡例

世界大百科事典内のシロサイの言及

【サイ(犀)】より

…耳は大きくはないが,直立しよく目だつ。現在の陸上動物の中では,ゾウに次ぐ大きさをもち,もっとも大きなシロサイでは肩高2m,体重3.5tに達し,もっとも小型のスマトラサイでも肩高1.4m,体重約1tある。サイ類は,始新世以来,四肢が長く,体のスマートな高速走行能力をもつ種を含めて,多様な種を輩出してきたが,大部分は絶滅し,現生の種も個体数はごく少ない。…

※「シロサイ」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

シロサイの関連キーワードシュルシュルウエウンフォロージ公園クルーガーズドープ動物保護区ケニア山国立公園/自然林ピラネスバーグ国立公園イシマンガリソ湿地公園ベルリン動物園・水族館キリマンジャロ国立公園モコロディ自然保護区プレトリア国立動物園アントワープ動物園オカバンゴ・デルタ日本のおもな動物園ナクル湖国立公園ショーベ国立公園ガランバ国立公園ムカヤ動物保護区オカバンゴ湿地フラネ国立公園カバ(河馬)キタシロサイ

今日のキーワード

きらきらネーム

俗に、一般的・伝統的でない漢字の読み方や、人名には合わない単語を用いた、一風変わった名前のこと。名字についてはいわない。どきゅんネーム。[補説]名前に使用する漢字は、戸籍法により常用漢字・人名用漢字の...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

シロサイの関連情報