コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

シーボルトミミズ Pheretima sieboldi

2件 の用語解説(シーボルトミミズの意味・用語解説を検索)

世界大百科事典 第2版の解説

シーボルトミミズ【Pheretima sieboldi】

貧毛綱フトミミズ科環形動物。大型な種類。P.F.vonシーボルトが日本で採集し,この標本をホーストR.Horstが1883年に発表した際にシーボルトに献名したものである。本州中部以南,四国,九州に分布し,山地に生息する。俗称ヤマミミズ。現在までの最大の個体は体長45cm,太さ1.5cm,43gである。濃い青黒色をしていて生殖時には第14~16体節に環帯が生ずる。環帯上には背孔や剛毛はない。雌性生殖孔は第14体節の腹面中央に,雄性生殖孔は第18体節の腹面両側に1対存在している。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

シーボルトミミズ
しーぼるとみみず
[学]Metaphire sieboldi

環形動物門貧毛綱フトミミズ科に属する大形の陸生ミミズ。1883年(明治16)、日本のミミズを最初に研究したホルストによって記載された種で、種名は、江戸時代に日本にきて採集したシーボルトの名にちなむ。日本のミミズ類中、最大級の1種で、体長40センチメートルを超える個体もまれでない。体色は濃紺色で、光の受け方で緑色の金属光沢が現れる。長野県以西に分布、西南日本に多い。四国や九州でカンタローとよぶ大形の山のミミズは、おそらく本種のことであろう。[大野正男]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

シーボルトミミズの関連キーワード環形動物貧毛類磯蚯蚓糸蚯蚓海毛虫鱗虫鰓蚕蚯蚓縞蚯蚓翼沙蚕

今日のキーワード

パラチオン、パラチオンメチル

パラチオンは無色で油状の液体、パラチオンメチルはコハク色の液体。ともに毒性が強く、有機リン系殺虫剤として使用された。50年代以降、稲の害虫被害を防ぐことが確認され、広く導入された。しかし、農民の中毒死...

続きを読む

コトバンク for iPhone

シーボルトミミズの関連情報