コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジェルバ島 ジェルバとうÎle de Jerba

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジェルバ島
ジェルバとう
Île de Jerba

チュニジア東部,ガベス湾にある島。面積 510km2。本土とは堤道によって往来する。年降水量 200mm。平坦で,ナツメヤシ,オリーブ,ブドウ,イチジク,エスパルト草 (パルプ原料) を栽培。漁業,海綿採取,伝統的な絹・毛織物,陶器作りを行う。美しい風土に恵まれ,『オデュッセイア』によれば「この世の憂いを忘れさせるという果物ロトスを食べた人々の島」とされる。ローマ人集落の遺跡がある。国際空港があり,ヤシの茂る美しい海岸は海外から多くの観光・保養客を集める。人口9万 2269 (1984) 。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

デジタル大辞泉の解説

ジェルバ‐とう〔‐タウ〕【ジェルバ島】

Djerba》チュニジア東部、地中海のガベス湾にある島。本土との距離は約7キロメートル。紀元前8世紀にフェニキア人が町を建設。途中、バンダル族の侵略を受けるも、古代ローマから東ローマ帝国時代にかけて発展。7世紀にアラブ人に征服された。主な町はフームスーク。同国有数の海岸保養地として知られる。

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

ジェルバ島の関連キーワードバルバロス・ハイレッディン・パシャジェルバエクスプローラーマダニーイーン県フェニキア人フェニキアバンダル族チュニジアミドゥン地中海ゲララ

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android