コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジボラン diborane

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジボラン
diborane

化学式 B2H6 。化学的に活発な,揮発性の水素化ホウ素 (ボラン ) の1つ。これらは 1912~36年に A.ストックらによって合成された。ジボランは高級水素化ホウ素の出発物質として重要。融点-165.5℃,沸点-92.5℃。常温では比較的安定であるが,湿気があると自然発火する。強い還元作用があり,アルコールと反応して水素を発生し,常温で多くの有機化合物を還元する。水に触れると瞬間的に加水分解し,ホウ酸を生じる。ホウ素の中性子吸収断面積が大きいので,中性子カウンターの材料に使われる。また高い燃焼熱を利用して航空機,ロケット用燃料に使われる。すぐれた還元剤として有機合成にも利用される。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典内のジボランの言及

【電子不足化合物】より

…これに対し,そのようにするのには電子が不足している化合物があるが,これらを一般に電子不足化合物といっている。たとえばジボランB2H6およびヘキサメチル二アルミニウムAl2(CH3)6のような化合物では次のような骨格をもっており,隣り合った原子の組合せはいずれも八つあるのに,結合に使われる電子対の数は六つしかない。B2H6では六つのHから一つずつ,一つのBから原子価電子3個ずつで計12個,すなわち6電子対,Al2(CH3)6では同様にCH3のCから一つずつ,Alから三つずつで6電子対である。…

【ボラン】より

…B10C2H12,B5CH9,B4C2H8などがこれに属する。
[ジボランdiborane]
 化学式B2H6。単量体BH3の形では単離することができない。…

※「ジボラン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジボランの関連キーワードブラウン(Herbert Charles Brown)ボラン(データノート)水素化ホウ素リチウム電子不足化合物有機金属化合物ホウ素化学デカボランブラウン半導体架橋

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android