ジャック ロンドン(英語表記)Jack London

20世紀西洋人名事典の解説

ジャック ロンドン
Jack London


1876 - 1916.11.22
米国の小説家
サンフランシスコ生まれ。
本名ジョン・グリフィス。
私生児として生まれ、無軌道な少年時代の後、カナダなどを放浪し、カリフォルニア大学一時期在学したが、ゴールド・ラッシュに加わる。その後、新聞記者となり、満州へ渡る。マルクスなどに触れ徐々に社会主義に傾倒。一方で、創作活動に務め1900年クロンダイク地方の体験をもとに短編集「狼の子」で文名を高め、流行作家として活躍。「荒野叫び声」(’03年)、「白い牙」(’06年)、「鉄の踵」(’07年)、半自伝的な「マーティン・イーデン」(’09年)などを発表。世俗的欲望と自己の表明する主義の相克に悩み自殺。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

367日誕生日大事典の解説

ジャック ロンドン

生年月日:1876年1月12日
アメリカの小説家
1916年没

出典 日外アソシエーツ「367日誕生日大事典」367日誕生日大事典について 情報

今日のキーワード

ぴえん

悲しみの涙や嬉し泣きを表すネットスラング。「ピエーン」と声を上げながら泣いている様子を表す顔文字が語源とされ、軽い調子の文章で用いられる。女子中高生を中心にSNS(ソーシャル・ネットワーキング・サービ...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

ジャック ロンドンの関連情報