コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャムシ ジャムシ Neanthes virens

2件 の用語解説(ジャムシの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャムシ
ジャムシ
Neanthes virens

環形動物門多毛綱遊在目ゴカイ科。ゴカイ類のなかで最も大型の種で,体長 90cm,体幅 4.5cm,体節数 230~270に達する。頭部に2対の眼点,4対の感触鬚がある。体の背面は光沢のある青色を呈し,体の両側にある疣足 (いぼあし) は黄色で,その辺縁は緑色である。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャムシ
じゃむし / 蛇虫
[学]Neanthes virens

環形動物門多毛綱ゴカイ科に属する海産動物。小形のヘビくらいの大きさになるのでこの名がある。東北地方から北海道に生息し、オホーツク海ベーリング海ノルウェーなどに分布する。浅海の砂泥中にすむ。普通は体長15~40センチメートルであるが、大きなものでは体長90センチメートル、体幅4.5センチメートルで、240~290剛毛節になる。背面は光沢がある青色で、いぼ足は黄色。頭部には1対の短い感触手と2対の眼点と1対の太い副感触手がある。吻(ふん)にある小顎片(しょうがくへん)は、第1区に4~5個、第2区に9~10個、第3区には2~3横列に15~17個、第4区には26~30個、第5区に1~3個、第6区には3~5個、第7、8区には不規則な3列になっている。いぼ足は肉厚で、いぼ足の上足舌は幅が広くて先端はとがっている。生殖時期は6月前後で、夜間に雌雄の個体が水面に浮き出て、生殖群泳をする。[今島 実]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャムシの関連キーワードイトメウズマキゴカイ沙蚕蛇虫玉敷沙蚕翼沙蚕クロムシカンザシゴカイゴカイ(沙蚕)ムカシゴカイ(昔沙蚕)

今日のキーワード

平野美宇

卓球選手。2000年4月14日、静岡県生まれ、山梨県育ち。3歳で卓球を開始。07年に小学1年生で全日本選手権大会バンビの部優勝、09年に小学2年生で同大会ジュニアの部初出場を果たし、注目を集めた。13...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャムシの関連情報