コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャヤバルマン7世 ジャヤバルマンななせいJayavarman VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャヤバルマン7世
ジャヤバルマンななせい
Jayavarman VII

[生]1125
[没]1220頃
カンボジア,アンコール朝最盛時代を形成した王 (在位 1181~1220頃) 。この時代にカンボジア勢威は大いに伸び,東は中部ベトナムにあったチャンパに,北方はラオス中部まで,西方はメナム (チャオプラヤ) 川流域に,南はマレー半島北部にまで及んだ。王は熱心な大乗仏教徒で,国内各地に大伽藍を建立したほか,首都を中心とした道路網の整備,102に及ぶ病院の建設などを行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジャヤバルマン7世の関連キーワードプラプラーンサムヨートワットプラパーイルアンバンテアイチュマールムアンシン歴史公園ワットタプロームバンテアイクデイアンコール・トムピマーイ歴史公園ニャックポアン東南アジア美術アンコールトムカンボジア音楽ワットノコールスコータイ朝癩王のテラスタプロームプリアカン象のテラススラスランバイヨン

今日のキーワード

偽計業務妨害罪

虚偽の風説を流布し,または偽計を用いて人の業務を妨害する罪 (刑法 233) 。流布とは,犯人自身が公然と文書,口頭で伝達するほか,口伝えに噂として流す行為も含む。偽計とは人を欺罔,誘惑し,あるいは人...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android