コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャヤバルマン7世 ジャヤバルマンななせいJayavarman VII

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャヤバルマン7世
ジャヤバルマンななせい
Jayavarman VII

[生]1125
[没]1220頃
カンボジア,アンコール朝最盛時代を形成した王 (在位 1181~1220頃) 。この時代にカンボジア勢威は大いに伸び,東は中部ベトナムにあったチャンパに,北方はラオス中部まで,西方はメナム (チャオプラヤ) 川流域に,南はマレー半島北部にまで及んだ。王は熱心な大乗仏教徒で,国内各地に大伽藍を建立したほか,首都を中心とした道路網の整備,102に及ぶ病院の建設などを行なった。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

ジャヤバルマン7世の関連キーワードプラプラーンサムヨートワットプラパーイルアンバンテアイチュマールムアンシン歴史公園アンコール・トムワットタプロームバンテアイクデイピマーイ歴史公園東南アジア美術ニャックポアンアンコールトムカンボジア音楽ワットノコール癩王のテラススコータイ朝タプロームスラスラン象のテラスプリアカンバイヨン

今日のキーワード

硫黄山(いおうやま)

標高1317メートルの活火山で、火口は登山者に人気のある韓国(からくに)岳(1700メートル)の登山道沿いにある。硫黄の結晶が鉱山で採れたため、硫黄山と呼ばれるようになったという。直近の噴火は1768...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android