ジャヤビジャヤ山脈(読み)ジャヤビジャヤサンミャク

デジタル大辞泉の解説

ジャヤビジャヤ‐さんみゃく【ジャヤビジャヤ山脈】

Pegunungan Jayawijaya》インドネシア東端、イリアンジャヤニューギニア島西部)にある山脈。同地方を東西に貫くマオケ山脈の一部。トリコラ山(標高4750メートル)、マンダラ山(標高4700メートル)などの高峰が連なる。オランダ領時代の旧称オランニエ山脈

出典 小学館デジタル大辞泉について 情報 | 凡例

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャヤビジャヤ山脈
じゃやびじゃやさんみゃく
Pegunungan Jajavijaya

インドネシア、西イリアン(ニューギニア島西部)中南部にある山脈。西イリアンの脊梁(せきりょう)をなすマオケ山脈の一部で、最高峰のダーム山(4922メートル)をはじめトリコラ山(4750メートル)、マンダラ山(4700メートル)などの高峰がそびえる。旧称オランニエ山脈。4500メートル以上の峰には万年雪を頂くものが多い。この山脈から発する河川は水量が豊富で、アラフラ海に臨む下流部には広大な湿地帯が展開している。[上野福男]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

感染症指定医療機関

感染症予防法で規定されている感染症の中で、危険性が高く特別な対応が必要な感染症の患者を治療する医療施設。特定感染症指定医療機関(1・2類感染症および新感染症患者)、第一種感染症指定医療機関(1・2類感...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android