コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジャヤワルデネ ジャヤワルデネ Jayawardene, Junius Richard

2件 の用語解説(ジャヤワルデネの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジャヤワルデネ
ジャヤワルデネ
Jayawardene, Junius Richard

[生]1906.9.17. コロンボ
[没]1996.11.1. コロンボ
スリランカの政治家。コロンボ大学卒業後,弁護士を開業。統一国民党に属して 1947年下院議員に当選,47~53年蔵相。この間 51年サンフランシスコ対日講和会議に出席した。親欧米派のソ連嫌いとされているが,73年統一国民党党首になり,77年7月の総選挙では,全議席の3分の2を上回る議席を占めて圧勝,首相となった。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジャヤワルデネ
じゃやわるでね
Junius Richard Jayewardene
(1906―1996)

スリランカ民主社会主義共和国の政治家。スリランカのコロンボの生まれ。セイロン法律専修学校を修了後、1930年代初めにセイロン国民会議派に参加し、スリランカの反英独立運動に投じた。1946年に創設された統一国民党に横滑りし、以後、同党の重要な指導者として閣僚も経験する。1948年、スリランカは独立し、1951年にはサンフランシスコで開催された対日講和会議に同国代表団の首席として出席した。以後、一貫して統一国民党の指導者の地位にあったが、1977年に新体制のもとで大統領に就任した。その思想的な基盤は仏教と民主社会主義にあり、具体的にスリランカの将来をダルミシタ(正義と公正)社会の実現に置いた。結果的に同大統領のもとで、同国のマイノリティ少数者集団)としてのタミルの存在と権利が軽視・無視されることになった。1983年以後、シンハラ対タミルのエスニック(民族)紛争は武力対決化し、解決点を見出せないまま、今日に及んでいる。そうした対立の責任の一端はこの政治家にある。[中村平治]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジャヤワルデネの関連キーワードコロンボ計画コロンボ根ストロンボリトロンボプラスチンバストロンボーンコロンボ通り刑事コロンボ新刑事コロンボコロン[諸島]コロンボ,C.

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジャヤワルデネの関連情報