ジヤ・ギョカルプ(英語表記)Ziya Gökalp

20世紀西洋人名事典「ジヤ・ギョカルプ」の解説

ジヤ・ギョカルプ
Ziya Gökalp


1876 - 1924
トルコナショナリスト,社会学者。
国会議員。
ディヤルバクル生まれ。
1909年「青年トルコ」革命後、テッサロニキの「統一と進歩委員会」本部に加入、「若いペン」誌を刊行し、言語ナショナリズムを推進。バルカン戦争でテッサロニキは没落、委員会本部と共にイスタンブールに移り、「母国トルコ」誌に参加。第一次大戦後は連合軍にマルタ島に流されるが、共和国成立後は国会議員として活動。ナショナリズムとイスラム及び西洋化の潮流を調和させてトルコ・ナショナリズムの基礎を確立、評論に「トルコ主義の諸原理」がある。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

百科事典マイペディア「ジヤ・ギョカルプ」の解説

ジヤ・ギョカルプ

トルコの民族主義者。1908年の〈青年トルコ〉革命後,革命派の一端担い,作家オメル・セイフェッティンらと《若いペン》誌でトルコ語簡素化・改革運動を推進。バルカン戦争でテッサロニキが陥落した後,イスタンブールでパン・トルコ主義者アクチュラらの《母国トルコ》誌に参加。トルコ共和国成立後,国会議員。評論,詩も多数ある。

出典 株式会社平凡社百科事典マイペディアについて 情報