コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジュウモンジシダ Polystichum tripteron (Kunze) Pr.

世界大百科事典 第2版の解説

ジュウモンジシダ【Polystichum tripteron (Kunze) Pr.】

日本各地の山中の林床に普通にみられるが,特に暖帯上部から温帯にかけての湿った場所に多いオシダ科の多年生シダ植物(イラスト)。北の地方では夏緑性となる。最下羽片が発達して羽状に分岐するため,葉面が十文字にみえるので,この和名がつけられた。根茎は斜上から直立し,数枚の葉を叢生(そうせい)する。葉は中型で,長さ40cm程度,最下羽片を除き単羽状から2回羽状中裂。鱗片は,葉柄基部のもの以外は小型・膜質で,軸に圧着してつく。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジュウモンジシダ
じゅうもんじしだ / 十文字羊歯
[学]Polystichum tripteron Pr.

オシダ科の夏緑性シダ。シュモクシダともいう。束生する葉は1回羽状に分裂するが、最下羽片はさらに羽状に分裂し、全体としては十文字槍(やり)の穂のようにみえる。長さ20~60センチメートル。胞子嚢(のう)群は円形で、小さい包膜をつけるが早く脱落する。各地の山中にみられる。ヒトツバジュウモンジシダf. simplicissimumは最下羽片が小さく羽状分裂しない。京都府の長老(ちょうろう)岳に産する。[西田 誠]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

ジュウモンジシダの関連キーワード賀茂十一野菜撞木羊歯雄羊歯西田

今日のキーワード

天網恢恢疎にして漏らさず

《「老子」73章から》天の張る網は、広くて一見目が粗いようであるが、悪人を網の目から漏らすことはない。悪事を行えば必ず捕らえられ、天罰をこうむるということ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android