コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジョイナー ジョイナー Joyner, Florence Griffith

3件 の用語解説(ジョイナーの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

ジョイナー
ジョイナー
Joyner, Florence Griffith

[生]1959.12.21. カリフォルニアロサンゼルス
[没]1998.9.21. カリフォルニア,ミッションビエホ
アメリカ合衆国陸上競技選手。フルネーム Delorez Florence Griffith Joyner。7歳で走り始め,野原でウサギを追ってスピードを磨いた。1980年,コーチのボブ・カーシーの指導を受けるためカリフォルニア大学ロサンゼルス校に入学。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

デジタル版 日本人名大辞典+Plusの解説

ジョイナー Joyner, Henry Batson

1839-1884 イギリスの土木技術者。
1839年7月9日生まれ。明治3年(1870)政府の招きで来日。工部省,のち内務省にやとわれて東京-横浜間の鉄道建設に従事した。8年東京赤坂の官舎で日本最初の地震観測をおこなった。10年帰国。1884年11月23日死去。45歳。

出典|講談社 この辞書の凡例を見る
(C)Kodansha 2015.
書籍版「講談社 日本人名大辞典」をベースに、項目の追加・修正を加えたデジタルコンテンツです。この内容は2015年9月に更新作業を行った時点での情報です。時間の経過に伴い内容が異なっている場合がございます。

朝日日本歴史人物事典の解説

ジョイナー

没年:1884.11.23(1884.11.23)
生年:1839.7.9
明治期に来日したお雇い外国人イギリス人技師。イギリスのノースウィック生まれ。土木技師としての修業をして鉄道建設に従事していたとき,日本政府に雇われ明治3(1870)年に来日し,鉄道工事の測量を担当した。4年から工部省測量司が設けられると測量助長に任命され,測量師長マクヴィンのもとで西洋式の測量技術を指導し,マクヴィンが測量業務を拡張するためイギリス人技師の雇い入れのために一時帰国したときは,測量師長の代理を務めた。7年に測量司が内務省地理寮(のち地理局)へと組織がえをした際,地理寮の測量師兼気象科専務となり,主として気象関係の業務に携わった。東京・赤坂の官舎で毎日午前午後の2回気象観測をしたことは,日本における気象観測の始まりとされている。10年帰国し,その翌年ブラジルサンパウロに移って水道工事を始めたが,健康を害しイギリスで病死。<参考文献>荒川秀俊『日本気象学史』

(三好信浩)

出典|朝日日本歴史人物事典:(株)朝日新聞出版
それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

ジョイナーの関連キーワードアビーストーンノットメークヒルハウスブラウンスゴッチェシャンドジュウェットフロラン

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

ジョイナーの関連情報