ジョン・チャールズ ダンカン(英語表記)John Charles Duncan

20世紀西洋人名事典の解説


1882 - 1967
米国天文学者
元・ウェルズリー大学教授。
インディアナ州生まれ。
インディアナ大学大学院修士課程修了後ローウェル天文台員となる。1909年ケフェウス型変光星の研究でカリフォルニア大学より博士号取得。その後ハーバード大学講師を、ウェルズリー大学教授及び同大学天文台長に就任し’60年退任。かに星雲膨張に関する天体写真による研究で知られ、他に彗星、分光連星、新星等の研究でも業績を残す。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

市中感染

病院内で体内に摂取された微生物によって引き起こされる感染症である「院内感染」と対をなす言葉で、病院外で摂取された微生物によって発症した感染症を指す用語。社会生活をしている健康人に起こる感染症で、多くは...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android