ジョージ・シルベスター カウンツ(英語表記)George Sylvester Counts

20世紀西洋人名事典の解説

ジョージ・シルベスター カウンツ
George Sylvester Counts


1889 - ?
米国の教育学者。
元・南イリノイ大学教授,元・「ソーシャル・フロンティア」誌編集長。
カンサス州生まれ。
シカゴ大学にてPh.D取得し、ワシントン、シカゴ、コロンビアイェールの大学教授を歴任。1930年代初期に、進歩主義教育運動左派の立場をとった学者として有名。ニューディール体制の確立で、反共性を濃くしていき、そのイデオローグとして活躍。’32年の進歩主義教育協会の大会で、プチブル性への激しい批判と、「民主的集産主義」を提言し、米国教育会の注目を浴びる。’34年創刊の「ソーシャル・フロンティア」誌編集長。’36年頃まで、ファシズム共産主義者との共闘を勧めるが、その後反共主義に転じ、’39年より米国教員組合の委員長となる。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

未必の故意

犯罪事実の発生を積極的には意図しないが、自分の行為からそのような事実が発生するかもしれないと思いながら、あえて実行する場合の心理状態。→故意[補説]作品名別項。→未必の故意...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android