コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

ジンジャントロプス

世界大百科事典 第2版の解説

ジンジャントロプス【Zinjanthropus】

L.リーキーが1959年に,タンザニアのオルドバイ渓谷で発見された猿人の頭骨化石に与えた動物分類学上の属名で,東アフリカをさすアラビア語系の古称〈ジンジ〉と,ヒトを意味するギリシア語の〈アントロポス〉という語からの造語。正式の学名はジンジャントロプス・ボイジイ(種名は,リーキーの財政的援助者のボイズにちなんでいる)。しかしまもなく,リーキー自身も含めて多くの学者が,ジンジャントロプスをアウストラロピテクスと同義語と認めるようになった。

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

ジンジャントロプス
じんじゃんとろぷす
Zinjanthropus

イギリスの人類学者のL・リーキーが、1959年にタンザニアのオルドワイ渓谷で発見した猿人頭骨に名づけられた分類学上の属名。正式にはジンジャントロプス・ボイセイという。ジンジ(アラビア語で東アフリカ)とアントロポス(ギリシア語でヒト)の合成語。付近からオルドワン型石器が出土していることから、猿人がもっとも粗製ながら文化遺物を有していたとして、学界の関心を集めたが、リーキーはのちにその出土層の下の層からホモ・ハビリスと称する人骨を発見し、石器製作者はホモ・ハビリスであるとした。今日、ジンジャントロプスはアウストラロピテクス・ロブストゥスの一員、もしくはアウストラロピテクス・ボイセイとすべきものとみなされている。[香原志勢]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

世界大百科事典内のジンジャントロプスの言及

【アウストラロピテクス】より

…その後数十年の間に,古い人類の化石とみなされるようになったが,学名は,意味を離れて最初の命名を尊重することになっているため,そのまま使われている。同義にみなされる属名として,プレシアントロプス,パラウストラロピテクスがあり,アウストラロピテクスの属名を広義に使用する学者は,パラントロプスとジンジャントロプスも,同義の用語とみなす。【岩本 光雄】。…

※「ジンジャントロプス」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について | 情報

ジンジャントロプスの関連キーワードアウストラロピテクス類ナトロン化石人骨オルドバイ遺跡アフリカ史トバイアス

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android