ジーグバーン(英語表記)Karl Manne Georg Siegbahn

大辞林 第三版の解説

ジーグバーン【Karl Manne Georg Siegbahn】

1886~1978) スウェーデンの物理学者。 X 線分光学の発展に寄与。

出典 三省堂大辞林 第三版について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

ジーグバーン【Karl Manne George Siegbahn】

1886‐1978
スウェーデン物理学者。ルンド大学に学び,その後同大学でJ.R.リュードベリの助手を務めた。1920年同大学教授,23年ウプサラ大学の物理学教授,37年にはスウェーデン王立科学アカデミー・ノーベル物理学研究所長およびストックホルム大学物理学教授となった。X線分光学の研究を行い,諸元素の特性X線を精密に測定し,原子構造の解明に実験的基礎を与えた。この業績により1924年にノーベル物理学賞を受けた。真空分光器の発明,結晶の格子定数の測定などの業績もあり,また国際度量衡委員会の委員も務めた。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

世界大百科事典内のジーグバーンの言及

【X線単位】より

…定義は18℃の方解石のへき開面間隔の1/3029.45。ジーグバーンsiegbahnともいう。【大井 みさほ】。…

※「ジーグバーン」について言及している用語解説の一部を掲載しています。

出典|株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について | 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

リベルランド自由共和国

ヨーロッパ南東部のセルビアとクロアチアの国境に位置する、国土7平方キロメートルのミクロ国家。個人と経済の自由を信条として、チェコの経済学者ビト・イェドリチカを中心に2015年より建国が進められてきた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android