ジーグリド オネーギン(英語表記)Sigrid Onegin

20世紀西洋人名事典の解説

ジーグリド オネーギン
Sigrid Onegin


1889.6.1 - 1943.6.16
ドイツのアルト歌手。
ストックホルム生まれ。
旧名ジーグリド・ホフマン。
別名リリー・ホフマン。
ドイツ歌曲の歌手をめざしてミュンヘンでヴァイス教授に、ミラノでラニエリに師事し、1911年に独唱会をリリー・ホフマンの名で開き、’12年にシュトゥットガルトでオペラ初舞台を踏みみ名声を得た。’13年にロシアのピアニストオネーギンと結婚。気品と高尚さ、豊かな練れた声と秀でた技巧、優れた音楽性は素直に人々の胸に響き、メトロポリタン歌劇場ザルツブルク音楽祭などで活躍、20世紀最高のアルト歌手といわれた。

出典 日外アソシエーツ「20世紀西洋人名事典」(1995年刊)20世紀西洋人名事典について 情報

今日のキーワード

国民皆保険

すべての国民をなんらかの医療保険に加入させる制度。医療保険の加入者が保険料を出し合い,病気やけがの場合に安心して医療が受けられるようにする相互扶助の精神に基づく。日本では 1961年に国民健康保険法(...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android