スイアブ(読み)すいあぶ(英語表記)Suyab

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

スイアブ
すいあぶ
Suyab

中央アジア、天山(てんざん/ティエンシャン)山脈西部の北麓(ほくろく)、チュー川流域にあった古代オアシス。ソグド人植民地、西突厥(にしとっけつ)の王庭、唐の前線基地として栄えた。唐代には(すいごう)、砕葉、素葉と音写された。679~719年には唐の砕葉鎮が置かれ、しばらく安西四鎮の一つであった。8世紀中葉にはトゥルギシュの本拠となった。キルギス共和国トクマクの南西8キロメートルにあるアク・ベシムAk Beshim遺址(いし)には、ソグド住居址、景教・仏教寺院址などが発見され、古くからロシアの東洋学者バルトリド(1893~94調査)、ベルンシュタム(1938~40発掘)らによってカラ・ハン朝の都ベラサグンの跡と考えられてきたが、1953~54年キズラソフの発掘により、ここがスイアブにほかならないことが実証された。[長澤和俊]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

精選版 日本国語大辞典の解説

スイアブ

(Suyab) 中央アジアの天山山脈西部、チュー川流域にあったオアシス都市。現在のキルギス共和国のトクマクの南西にあたる。六~八世紀には西突厥の首都、ついで唐に占領されて安西四鎮の一つ、砕葉鎮が置かれた。漢字で砕葉・素葉と書くこともある。

出典 精選版 日本国語大辞典精選版 日本国語大辞典について 情報

関連語をあわせて調べる

今日のキーワード

MBO

マネジメント・バイアウトは、経営陣による株式の買い取りであり、(1)過半数の株式取得によって経営権を手に入れることで敵対的買収に対抗するものと、(2)経営権を獲得し、株式非公開化をすることで敵対的買収...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android

スイアブの関連情報