コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スイクチムシ(吸口虫) スイクチムシ

世界大百科事典 第2版の解説

スイクチムシ【スイクチムシ(吸口虫)】

吸口虫綱Myzostomideaに属する環形動物の総称。成体は棘皮(きよくひ)動物のウミユリ類の体に寄生,または共生生活をしているが,幼生は底生性。多毛類のスピオ科のものによく似ていて浮遊生活をする。日本からはツノスイクチムシイイジマスイクチムシなど30種ほどが知られている。体は円盤状で左右相称,直径は10mmくらいまで。周縁に長い触糸をもつものもある。体の腹面前端には口,後端には総排出腔が開いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

桃李もの言わざれども下自ら蹊を成す

《「史記」李将軍伝賛から》桃やすももは何も言わないが、花や実を慕って人が多く集まるので、その下には自然に道ができる。徳望のある人のもとへは人が自然に集まることのたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android