スイクチムシ(吸口虫)(読み)スイクチムシ

世界大百科事典 第2版の解説

スイクチムシ【スイクチムシ(吸口虫)】

吸口虫綱Myzostomideaに属する環形動物の総称。成体は棘皮(きよくひ)動物のウミユリ類の体に寄生,または共生生活をしているが,幼生は底生性。多毛類のスピオ科のものによく似ていて浮遊生活をする。日本からはツノスイクチムシイイジマスイクチムシなど30種ほどが知られている。体は円盤状で左右相称,直径は10mmくらいまで。周縁に長い触糸をもつものもある。体の腹面前端には口,後端には総排出腔が開いている。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

多文化主義

マルチ・カルチュラリズムともいう。さまざまな人種,民族,階層がそれぞれの独自性を保ちながら,他者のそれも積極的に容認し共存していこうという考え方,立場。「人種のるつぼ」的な同化主義に対抗する考え方で,...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android