コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

トリノアシ Metacrinus rotundus

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

トリノアシ
Metacrinus rotundus

棘皮動物門ウミユリ綱ウミユリ目ゴカクウミユリ科。長さ 30~50cmの丸みを帯びた五角柱状のの上部に,羽状に分れた腕から成る冠をつける。茎には 11~12節ごとに関節があって,そこからそれぞれ5本ずつ巻枝を輪生する。巻枝は 40~45節に分れている。冠は,その中心に5個のし板があり,これが3~4回分岐して腕板をつくり,さらにそれぞれの腕板が羽枝を生じたものが全体として冠状になったもので,生時は桃色を呈している。雌雄異体相模湾駿河湾紀伊水道などの水深 100~500mの海底から得られる。

出典 ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について 情報

世界大百科事典 第2版の解説

トリノアシ【Metacrinus rotundus】

ウミユリ綱ゴカクウミユリ科の棘皮(きよくひ)動物(イラスト)。この種類は,1881年に相模湾の水深130mの海底から初めて採集され,新種とされたものである。和名は冠の各腕の表面がニワトリのうろこのついた脚によく似ているところからつけられた。相模湾,駿河湾,紀伊水道などに分布し,水深100~500mの海底にすむ。体は長さ30~50cmの茎の上部に多くの腕からなる冠をつける。茎の断面は正五角形で,12節ごとに関節があり,おのおのの関節から5本の巻枝を輪生する。

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

トリノアシ
とりのあし / 鳥の肢
[学]Metacrinus rotundus

棘皮(きょくひ)動物門ウミユリ綱ゴカクウミユリ科に属する海産動物。「生きた化石」とされる有茎ウミユリ類のうち、日本近海でもっとも普通にみられる種。名称はニワトリの足を逆さにしたような外観にちなむ。体長40~50センチメートル。上部に花のように開いた50本ぐらいの腕があり、その下に巻き枝の輪生した長い茎がある。下端は採集時にちぎれてしまい不明とされるが、もともと根部がなく、巻き枝で他物に絡まっている可能性が強い。淡い褐色、紅色、または黄色みを帯び、濃淡の縞(しま)のあるものが多い。本州中部から東シナ海に至る水深100~500メートルの海底に産する。[重井陸夫]

出典 小学館 日本大百科全書(ニッポニカ)日本大百科全書(ニッポニカ)について 情報 | 凡例

トリノアシの関連キーワードスイクチムシ宮古動物群吸口虫類トリアシユイキリ海百合

今日のキーワード

書類送検

警察から検察官に対して事件を送致する場合 (送検) ,捜査に当たり逮捕した被疑者の身柄を引き続き拘束しておく必要があるときは書類,証拠物とともに身柄を送致するが,もともと逮捕しなかったり,一度逮捕した...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android