コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

テヅルモヅル テヅルモヅル Gorgonocephalidae; basket-star

4件 の用語解説(テヅルモヅルの意味・用語解説を検索)

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

テヅルモヅル
テヅルモヅル
Gorgonocephalidae; basket-star

棘皮動物門クモヒトデ綱テヅルモヅル科に含まれる種類の総称。何回も枝分れしたきわめて複雑な腕をもつクモヒトデの仲間で,オキノテヅルモヅルセノテヅルモヅルなどの種が知られている。浅海から深海まですんでいる。

本文は出典元の記述の一部を掲載しています。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典
Copyright (c) 2014 Britannica Japan Co., Ltd. All rights reserved.
それぞれの記述は執筆時点でのもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

百科事典マイペディアの解説

テヅルモヅル

クモヒトデ綱テヅルモヅル科の棘皮(きょくひ)動物の総称。クモヒトデに近縁。中央の盤から出る腕は10〜20回も分枝し,先端が植物のつるのように巻いているのでこの名がある。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. ご提供する『百科事典マイペディア』は2010年5月に編集・制作したものです

世界大百科事典 第2版の解説

テヅルモヅル【basket‐star】

クモヒトデ綱テヅルモヅル科Gorgonocephalidaeに属する棘皮(きよくひ)動物の総称。ほぼ五角形の盤から生じた腕は,基部から分岐し,さらに10~20回も枝分れして複雑になり,だんだん細くなってつるのようになる。このような腕の形態から〈手蔓藻蔓〉という名がつけられた。つるがからんで網のようになった腕は動物プランクトンをとらえて食べるのに役だっている。大型なものは全体の直径が40~50cmにもなる。

出典|株式会社日立ソリューションズ・クリエイト
All Rights Reserved. Copyright (C) 2015, Hitachi Solutions Create,Ltd. 収録データは1998年10月に編集製作されたものです。それぞれの用語は執筆時点での最新のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。また、本文中の図・表・イラストはご提供しておりません。

日本大百科全書(ニッポニカ)の解説

テヅルモヅル
てづるもづる / 手蔓藻蔓
basket-star

棘皮(きょくひ)動物門クモヒトデ綱革蛇尾目テヅルモヅル科に属する海産動物の総称。絡まり合ったつる草、あるいは海藻のような異様な外観の動物。代表種オキノテヅルモヅルの学名(属名)Gorgonocephalusは、ギリシア神話にでてくる怪女ゴルゴンの頭を意味する。ゴルゴンの頭髪はすべて生きたヘビからなり、その顔を見た者は石に化せられるというが、この動物の生きて動く姿はその名にふさわしく、あたかも数百匹の小蛇が塊となってうごめいているような奇怪な感じを与える。元来、クモヒトデの仲間であり、体の中央に丸い盤があって、5本の腕が伸び出るが、腕が先のほうへいくにつれ何度も枝分れしているため、全体として無数のつるが絡み合ったような形となり、またその1本1本がくねくねとヘビのような動き方をするため、見る者に異様な感じを与えることとなる。大形種は直径50センチメートル以上になる。体色は暗紫色、黒色、茶褐色、淡黄色、サーモンピンクなどのものがある。日本近海からはオキノテヅルモヅルGorgonocephalus eucnemis、セノテヅルモヅルAstrocladus coniferusなど十数種が知られ、水深数十メートルの所から1500メートルの深海底まで分布する。[重井陸夫]

出典|小学館 日本大百科全書(ニッポニカ) この辞書の凡例を見る
(C)Shogakukan Inc.
それぞれの解説は執筆時点のもので、常に最新の内容であることを保証するものではありません。

テヅルモヅルの関連キーワードセノテヅルモヅル芋蔓芋蔓式蜘蛛海星手蔓手蔓藻蔓友鶴イボテヅルモヅルオキノテヅルモズルサメハダテヅルモヅル

今日のキーワード

トランスアジア航空

台湾・台北市に本拠を置く航空会社。中国語名は復興航空。1951年、台湾初の民間航空会社として設立。83年に台湾の国産実業グループに経営移管され、組織改編を実施した。92年に国際チャーター便の運航を始め...

続きを読む

コトバンク for iPhone

テヅルモヅルの関連情報