コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スウプスク Słupsk

ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典の解説

スウプスク
Słupsk

ポーランド北部,ポモルスキェ県の都市。ドイツ語ではシュトルプ Stolp。ポーランド沿岸地帯の中央,バルト海から 18km南方に位置し,スウピア川下流に臨む。8世紀からのスラブ人要塞都市で,10世紀末にポーランドの一部となる。 13世紀ハンザ同盟に加入,14世紀初頭以後ブランデンブルク辺境伯領,ドイツ騎士団の支配を経て,17世紀にホーエンツォレルン家の支配下に入り,1945年ポーランド領となる。第2次世界大戦で大きな被害を受けた。製材業,家具製造業,機械工業が主産業。人口9万 9943 (2002) 。

出典|ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典ブリタニカ国際大百科事典 小項目事典について | 情報

スウプスクの関連キーワードポモージェポモジェ

今日のキーワード

分水嶺

1 分水界になっている山稜(さんりょう)。分水山脈。2 《1が、雨水が異なる水系に分かれる場所であることから》物事の方向性が決まる分かれ目のたとえ。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android