スエル(読み)すえる

世界大百科事典 第2版「スエル」の解説

すえる【スエル】

日本音楽の用語。(1)能の謡の旋律型。下音(げおん)を長く引き,語尾を呂(りよ)音(謡の音階で一番低い音)に下げるフシ。終結感を強調し,〈サシ〉などの小段の末尾に多く用いられる。観世流は謡本にも〈スエル〉と表記するが,他流では表記されないことが多い。(2)三味線音楽の旋律型。途中で低い音に下げて,段落を強調する。〈スエテ〉とか〈スエ〉とか呼ばれることが多い。【松本 雍】

出典 株式会社平凡社世界大百科事典 第2版について 情報

今日のキーワード

急急如律令

中国漢代の公文書の末尾に、急々に律令のごとくに行え、の意で書き添えた語。のち、呪文(じゅもん)の終わりに添える悪魔ばらいの語として、道家・陰陽師(おんようじ)・祈祷僧(きとうそう)などが用いた。...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android