コトバンクはYahoo!辞書と技術提携しています。

スエル すえる

世界大百科事典 第2版の解説

すえる【スエル】

日本音楽の用語。(1)能の謡の旋律型。下音(げおん)を長く引き,語尾を呂(りよ)音(謡の音階で一番低い音)に下げるフシ。終結感を強調し,〈サシ〉などの小段の末尾に多く用いられる。観世流は謡本にも〈スエル〉と表記するが,他流では表記されないことが多い。(2)三味線音楽の旋律型。途中で低い音に下げて,段落を強調する。〈スエテ〉とか〈スエ〉とか呼ばれることが多い。【松本 雍】

出典 株式会社日立ソリューションズ・クリエイト世界大百科事典 第2版について 情報

スエルの関連キーワードチャイコフスキー(Nikolay Vasil'evich Chaykovskiy)チェルノフ(Viktor Mihaylovich Chernov)キヤノン [canon]<録音用語/PA用語>アレクサンドル ケレンスキーテニス肘(上腕骨外側上顆炎)ゴルフ肘(上腕骨内側上顆炎)臨時政府(ロシア二月革命)ブレシコ・ブレシコフスカヤブレスト・リトフスク条約イワーノフ・ラズームニクエドゥアルド トローハイーエスエル(ESL)全ロシア・ソビエト大会インターネットVPNクロンシタットの反乱さまよえるユダヤ人ボリス サビンコフ同音語のアクセントラスアルヒラールバリャドリード

今日のキーワード

だまし面接

企業が面談や懇談会と称して就職活動中の学生を呼び出し、実質的には学生を選考する偽装面接のこと。2016年卒業の大学生に対する選考活動の開始時期を、従来の4月1日から8月1日以降へと後ろ倒しする主旨の「...

続きを読む

コトバンク for iPhone

コトバンク for Android